四万十つるの里づくりの会 四万十つるの里づくりの会
  四万十つるの里づくりの会 > トピックス
四万十つるの里づくりの会
つるの里づくりのとりくみ
 ■平成18年度
 ■平成19年度
 ■平成20年度
 ■平成21年度
 ■平成22年度
 ■平成23年度
 ■平成24年度
 ■平成25年度
 ■平成26年度
 ■平成27年度
各種会議報告
四万十つるの資料室
四万十つるだより
待ちに待ったツルの訪れを確認!
10月26日夕刻から、「ツルが四万十川・中筋川流域の上空を飛行しているのを見た」という目撃情報が寄せられはじめ、27日には待望の飛来を確認しました。

当会のアドバイザーとしておなじみの澤田佳長先生(野生生物環境研究センター 所長)によると、幡多地区での飛来確認は27日が今季初めてであり、その頃に吹いた強い北風に乗ってやってきたのではないかとのこと。成鳥4羽と幼鳥3羽が確認されており、子ども連れの2家族が飛来しているものと思われます。

ツルたちが当地を気に入って越冬してくれることを願って、地域のみんなで温かく見守っていきましょう。

※ツルは非常に用心深く常にあたりを警戒しています。特に光や物音に敏感で、驚かすと遠くに飛び去ってしまいます。皆さんもツルを見かけたら、遠くから静かに見守って下さい。


☆★☆ 貴重な写真も撮影されています ☆★☆
10月29日午前には、ナベヅルとコハクチョウが水田で遊んでいる姿を澤田先生がキャッチ!
コハクチョウの集団飛来の南限は山陰地方で、四万十市への飛来は約20年ぶりのことだとか。通常の活動エリアもツルが水田、コハクチョウが水辺と異なっており、とても貴重なツーショット写真が撮影されました。


《写真》
上:水田で遊ぶナベヅルの親子
下:ナベヅル(右)とコハクチョウの貴重なツーショット
※いずれも澤田先生提供(写真はツルを驚かさないように、遠くからそーっと撮影しています)。
当会会員もツル確認の連絡を受けては、現場に急行中!

四万十川・中筋川流域でツルを見かけたらぜひ当会まで情報をお寄せ下さい。
その際は、発見場所、時刻、発見時の状況(飛行・着地の別)など、できるだけ詳しくお知らせ下さい。

[連絡先]
四万十つるの里づくりの会事務局(中村商工会議所内)
tel:0880-34-4333
 
前のページへ戻るこのページのトップへ
 
このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問い合わせ
四万十つるの里づくりの会事務局 〒787-0029 高知県四万十市中村小姓町46 中村商工会議所内
tel:0880-34-4333 / fax:0880-34-1451 / mail:naka10@cciweb.or.jp