四万十つるの里づくりの会 四万十つるの里づくりの会
  四万十つるの里づくりの会 > トピックス
四万十つるの里づくりの会
つるの里づくりのとりくみ
 ■平成18年度
 ■平成19年度
 ■平成20年度
 ■平成21年度
 ■平成22年度
 ■平成23年度
 ■平成24年度
 ■平成25年度
 ■平成26年度
 ■平成27年度
各種会議報告
四万十つるの資料室
四万十つるだより
ツルを守って40年 澤田佳長先生の写真パネル展を開催しました!
平成26年1月15日から20日までの6日間、「澤田佳長氏ツルを守って40年 四万十を訪れたツルたち 写真パネル展」を開催しました。

■日程:平成26年1月15日(開会式10:00〜)〜20日
■場所:四万十市立中央公民館(1Fロビー)
■来場者:期間中約500人
■主催:四万十つるの里づくりの会
■共催:四万十川自然再生協議会
■後援:国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所、四万十市

今年は、地元在住の鳥類の専門家 澤田佳長先生(野生生物環境研究センター所長)が四万十市でツルの保護活動を始めて40年という節目の年です。そこで、澤田先生が長年撮影してきたツルの写真を四万十市立中央公民館の1階ロビーに展示しました。
開会式にはマスコミ関係も含め約50名が集まりました。訪れた方々は、渡来地でのツルの摂餌や水浴び、休息など、さまざまな行動を捉えた写真の数々に見入り、特に昭和47年10月に四万十川流域で初めて撮影された写真には、その鮮明さに驚きの声を上げていました。
また、今年は国土交通省が中筋川の河川内に整備した湿地にマナヅル2羽が越冬していることもあり、地域の方々のツルへの関心は例年に比べて高く、開催期間中は約500人と多くの方にご来場いただきました。


《写真》 ※写真はクリックすると大きくなります。
上:賑わう会場
中:来場者に長年のツル保護のあゆみについて説明する澤田先生(右)
下:開会式の様子
 
前のページへ戻るこのページのトップへ
 
このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問い合わせ
四万十つるの里づくりの会事務局 〒787-0029 高知県四万十市中村小姓町46 中村商工会議所内
tel:0880-34-4333 / fax:0880-34-1451 / mail:naka10@cciweb.or.jp